元・山ガールの松っちゃんはZARDの負けないでが大好き~♪ ♪

甲斐駒ケ岳で百名山を完登後、心臓弁・血管置き換え手術・心内膜炎・多臓器不全等・発症し気管切開・胃ろう・寝たきりになった

2/2月曜日 帰宅して70日目 一日 一日を 生きるのに 精一杯 松っちゃん 何だか 不機嫌

 本日は 寺ちゃんは 午前8時20分ころ 出発 帰宅は 午後2時 松っちゃんは 留守番 要介護5 障害1級 の人を 一人にして 寺ちゃんは 追浜駅近くの仕事場に いった そこを 11時に 出発 一時帰宅は 11時35分 着替えて 鶴見へいく 入居金千五百万 年間五百万の有料老人ホームの松っちゃんのお父さん 92才と 昔の話 して バイバイして 首都高速の子安から湾岸にのり 飛ばして 帰宅する お父さんは 寺ちやんとは ニコニコ 話 するが 先日 松っちゃんの弟(お父さんの跡 継いで 会社の社長している )が「オヤジ 元気か 」と 訪ねたら 「お前は だれだ!! と 大きい声で 言われた もう いかねえ と ぼやいていたほど あっちのほうは 進んでいた

 でも 本人は とっても 幸せである なぜかと言うと ある程度 そうなったほうが 「楽なのである」 へんに 何もかも しっかり していると 本人も辛いし まわりも やりにくいのだ

 本人は 「妻の不在」「死去」など 忘却の彼方なのだ だから 息子が 久しぶりに きても 「全く わからないのだ」 排泄のことも 含めて 多少 ゆるいほうが 本人も まわりも 「楽」なのだ

 松っちゃんが そう ならぬように 寺ちゃんは 「必死」なのだ

お父さんのこと 松っちやんのこと お金が 湯水のように でていく 源泉は たっぷり あるものの 枯れたら 一巻の終わり  だから 寺ちやんは お仕事に いくのだ 稼ぐのだ 

写真は 大塚のos-1という ポカリより 優れた 水分補給のもの 1ケース 購入した これ 松っちゃんに ガンガン 投入していく

f:id:MAIKALFUJIO:20150202181841j:plain